ドラマで学ぶ中国語「訛り」是

「私は日本人です」を中国語で言うと「我是日本人(wǒ shì rì běn rén)」です。この「是」は私は・・の「は」に当たるので、中国語の文章の中にとてもよく出てきます。中国語の勉強を始めたばかりの時、普通この発音は「shì(シー)」と習いますよね?

ところがそれからしばらくして友達になった中国人の一人が「我是(wǒ sì)~」と発音していることに気が付いたのです。カタカナで書くと「ウォースー」みたいな感じです。

中国語の早口言葉に「四是四、十是十、十四是十四、四十是四十(四は四、十は十、十四は十四、四十は四十)」というのがあって、 ピンインは「sì shì sì、shí shì shí、shísì shì shísì、sìshí shì sìshí」なんですが、その友達はこれがみんな「スースースー」になってしまいます。

これは中国の南部の訛りだそうで(友達は福建省出身)、これから中国語の訛りまで覚えるのは大変だなあ、と思った次第です(笑)

その後《咱们结婚吧》を見ていたらなんと、この「訛り」で話す人物を発見!(おぎやはぎの小木博明さんではありません)

 

听得懂吗?

あきらかに「是不是(シー ブ シー)」を「是不是(スー ブ スー)」と言っていますよね。

  6 comments for “ドラマで学ぶ中国語「訛り」是

  1. 果実
    2014年2月25日 at 12:15 AM

    > 私もこの方、小木さん!!って思っちゃいましたよ~

    似てるでしょう~(笑)この人のキャラクター面白いです。

    > ブラマヨの吉田さんに見えて仕方ないのですが、どうでしょうか?

    そう言われてみればね(笑)

  2. izumi
    2014年2月24日 at 10:56 PM

    私もこの方、小木さん!!って思っちゃいましたよ~
    あとですね、1話に出てきた一番最初の桃子のお見合い相手が
    ブラマヨの吉田さんに見えて仕方ないのですが、どうでしょうか?

  3. 果実
    2014年2月22日 at 11:19 PM

    西方失敗さん、またまた情報ありがとうございます。

    > この范明さん、人民解放軍の南京軍区文工団所属なのに軍事モノ以外にかなり出演してます。
    > http://baike.baidu.com/subview/6550/8861034.htm

    人物紹介の中に「政党 中国共产党」と書いてあって、なるほど、と思いました(笑)

    中国には政府が関わっている企業もたくさんあって、それらも絶対に倒産しないと聞いたことがあります。

  4. 2014年2月22日 at 7:22 PM

    メガネ顔に見覚えがありましたので調べたところ、最近放映された「美丽的契约」で主役やってました。ちょっと前見た「我是特種兵之火鳳凰」にも出てるみたいだけどチョイ役で印象がないです。

    この范明さん、人民解放軍の南京軍区文工団所属なのに軍事モノ以外にかなり出演してます。
    http://baike.baidu.com/subview/6550/8861034.htm

    文工団、日本でいうと海上自衛隊横須賀音楽隊が所属隊員をつかって映画、ドラマ制作してるような変な感じです。
    なお、この芸能プロダクションは軍隊なので絶対に倒産しませんw

  5. 果実
    2014年1月27日 at 10:04 PM

    ご訪問&コメントありがとうございます!

    > ドラマを見ている時は全然気が付きませんでしたが、『金总』役の俳優さん、小木さんに似ていますね~ww(^▽^

    僕は出てきた瞬間似てると思いましたよ(笑)

    > 中国語の発音は本当に難しいですよね(;^_^A

    中国語初級者なので、うまくなるにはまだまだ道のりが遠いです。

    また遊びに来てください。

  6. mango
    2014年1月26日 at 8:36 AM

    おはようございます。
    昨日は我が家へのコメント、ありがとうございました(^○^)

    確かに!
    ドラマを見ている時は全然気が付きませんでしたが、『金总』役の俳優さん、小木さんに似ていますね~ww(^▽^;)

    中国語の発音は本当に難しいですよね(;^_^A
    私も格闘中です!

    また遊びに参ります~(^^)

    mango

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です